人間にとって飲み水の問題はとても大切な事だと思っています。
鋭い味覚を持っている訳ではありませんが、自宅の水道水を飲んでいると【ちょっとなんだかな?】と思う事があります。薬品の匂いなのか、気になる時があるのです。

そんな事もあって一時は通販でミネラルウォーターを買っていました。
しかしそれでで困ったのは飲んだ後のペットボトルの処理です。
500ミリのボトルはいうに及ばす、2リットルのボトルであっても結構たまってくるのです。
そんな事もあってウォーターサーバーの利用を考えている所です。

あれならばペットボトルの処理に煩わされることもないでしょう。
その点で便利だとは思うのですが、なんせ狭い台所なので設置する場所に困りそうな気がしています。

あれって結構場所を取るものなのでしょうかね。
以前海外旅行した時に初めてウォーターサーバーを利用したのですが、大掛かりな装置だった記憶があって、それで設置に二の足を踏んでいます。
すっきりと収納できるようなウォーターサーバーがあるのかどうか、今度一度調べてみようと思っています。

ウォーターサーバーを使ったことはありますか?
私も数年前、実家に置いたウォーターサーバーを使っていたことがあります。

毎月優しいお兄さんが大きいボトルを持ってきて設置してくれてましたね。
蛇口以外から出る水に興味津々で、水を飲んだり使ったりするなら水道水ではなく、ウォーターサーバーの水を使っていました。

ウォーターサーバーはものにもよりますが、そこそこの大きさで場所も取ってしまいます。
ですが、安心安全のおいしいお水がすぐに飲める優れもの!
お湯もすぐ出るので、冬の寒い時期暖かいココアやスープを飲みたいとき、ポットでお湯を沸かす手間なくすぐ飲むことができます。

「ウォーターサーバーに興味があるけど、どこの水がいいのかわからない」という場合はウォーターサーバーの設置体験、なんかもできるのでやってみるのも手だと思います。
水も全て同じ味、というわけではなく、川や山によって微妙に味が違うので。
まずは体験から、そして設置するかどうか決めるのも遅くはないと思いますよ!

美味しい水を飲んでいいことばかり
水は水道水しか飲んだことがなかったのですが、妊娠中にお腹の子のために美味しくて良い水を飲もうと思い、初めての通販会社で割と高い水を購入して飲んでみました。
水道水しか飲んでなかった私は衝撃をうけました。口あたりが滑らかで飲みやすく美味しいのです。
それからは水にはまり、今では色んなブランドの水を購入して飲んでいます。

お米を炊くのにも水道水を使わずに色んなお水を使用して炊いたりするとお米がふっくらして柔らかくなったりしたのでたまに調理にも使うようになりました。
ダイエットにお水をたくさん飲むのがいいので、どうせならと思い自宅にもお試しをしてからウォーターサーバーを置くようになりました。それからはジュースを買うことはなくなりました。

ジュースより私的においしいし、良いお水は身体にも良い気がしますし、飲みたい時に手軽にさっと飲めるので大変気にいっています。
心なしか良いお水のおかげかお肌もきれいになったような気がします。

お水と言えば、災害時の最悪の場合にどの様に備えて置けば良いものなのかは、少し考え込んでしまいます。
一般的には市販のペットボトルの水を箱買いしている方が多いと思うのですが、商品選びをする上で、どの様な事に気を付けるのが賢明かを迷われるのではないでしょうか。

御多分に漏れず私もその一人なのですが、飲料水とトイレの洗浄水が一番困る様に思うのです。

そこで思い付くのには、飲料用と生活用に分けて購入するのが良い方法ではないでしょうか。少し高価になりますが、5年保存の効くものを飲料用に当てれば、賞味期限が過ぎてしまったものの、未開封で空気に触れてさえいなければ雑菌は繁殖しませんので、ほぼ問題有りません。

匂いが気になると言う場合にはトイレ等の生活用水として使用すれば良いのす。
そして、予め普通のお安い物を生活用水として常備しておけば、賞味期限等はあまり気にする必要も無く、多めに投資出来そうです。
とは言え、水の賞味期限は法規制されている訳でもありませんので、期限が過ぎても2~3か月は飲料用にも使用可能です。

基本的に水は変質しませんので、多少多めに備蓄しておいても、植木や家庭菜園や色々な生活用水として常日頃必要なのですから、無駄にはならないと思います。
欠かさない様に気を付けたいものです。

神奈川県秦野市は天然水の宝庫です。
市内のあちこちに天然水が豊富に湧き出ているスポットがあります。
市内の人が利用するのはもちろんですが、県内外の人たちにも秦野市の天然水の美味しさは知られており、休みの日になれば天然水スポットはどこもかしこも人でいっぱいです。

車のナンバーを見ると色々な所からみなさんが集まって来ているのが分かります。
中には車の荷台にたくさん積んであるポリタンクやペットボトルに、天然水をひたすら汲んでいる人がいて、「そんなに大量に汲んで、一体何に使うのだろう?」と不思議に思うことがあります。
お店でもやっているのでしょうか。いや、節水のためかもしれません。

とにかく、秦野市の天然水は国の「名水百選」に認められているお水だけあって、透き通った濁りのないお水はとてもきれいで、口当たりも柔らかく、非常に美味しいです。
先日、ドライブがてら秦野市に立ち寄り、持参したポリタンクに天然水を汲んで帰りました。
お茶やコーヒーを入れるのに使ったり、みそ汁やスープを作るのに使ったりしました。
毎日使っていたら、15リットルの天然水もあっという間に空っぽです。

また機会があれば秦野市まで足をのばして天然水を汲みに行きたいと思います。

健康にも良いと言われている天然水は、高いお金を出して購入するものだと思っていました。
スーパーやコンビニでもバナジウム天然水と書かれている水がペットボトル入りで売られていたりするので、天然水を生活に取り入れるにはこういった商品を購入しなくてはいけないのだと思っていたのです。

ところが、天然水の産地などに行くと無料あるいは寸志程度の料金で天然水を持ち帰れるスポットがあるそうです。
これを知ったのは東日本大震災以後の安全な水の確保に関するマスコミの報道でした。

このころちょうど水道水の放射能汚染が問題となり、安全な水を求めてスーパーをはしごする消費者が急増しました。
それでも充分な水が確保できず、天然水を汲んで持ち帰れる道の駅などに人が殺到しているとのことでした。
天然水はお店で購入するものというイメージが強かった私にとって、これは衝撃でした。
無料やわずかなお金で栄養豊富な天然水を持ち帰れるなんて。

ただこうしたスポットはどうしても数が限られており、近くにないと天然水を汲みに行くという目的だけで赴くのは少し困難に感じます。
身近に天然水を持ち帰れるスポットがあれば日常の飲用水をこうした天然水に切り替えてみたいとも思います。
今はとりあえず市販の天然水で我慢です。

宅配水がかなり普及していますし、ブームであるようです。
私自身も知人や友人宅に行けばウォーターサーバーを見ることも少なくありませんし、使用している人に話を聞けばやはり便利そうだということは痛いほどわかります。
それに私の自宅はマンションなので宅配水を利用すると水の購入が楽になることもたしかでしょう。

しかしまだ今のところは宅配水を利用していません。
私が宅配水を利用しないもっとも大きな理由は宅配水を利用すると、水の購入のノルマがあることです。
もちろん、ノルマのない宅配水もあるのでしょうが、リーズナブルに宅配水を利用するとすればやはりノルマがある宅配水を利用するのがいいと考えられます。
ノルマがあっても十分に利用可能な方策もあるかもしれませんが、ノルマがあるということ自体に反感を覚えてしまうのです。

ご飯を焚く時や料理に利用すればノルマの事は気にならなくなりそうですが、まだちょっと検討中です。